ログハウスのお役立ちサイト

ログハウスの効果.1

優れた調温・調湿効果

ログハウスは、壁であるログそのものが断熱材やエアコンの役割を果たすため、「調温・調湿効果」が期待できます。木の断熱性は同じ厚さの漆喰の5倍以上、コンクリートの約10倍にあたります。また空気中の湿度が高い時には木の壁全体が湿気を吸収し、反対に低い時には湿度を放出してくれます。人の手によるコントロールとは異なり、自然の力を利用しているのでゆっくりと穏やかに作用します。自然の優れたシステムを利用して、快適で健康に暮らすログハウスは、現代のライフスタイルにこそフィットする昔から受け継がれた暮らし方といえるのではないでしょうか。

森林浴効果

森林浴が健康に良いとされるのは、木々から発散する「フィトンチッド」という芳香成分が大きな要素となっています。フィトンチッドによる森の香りは心身をリフレッシュしてくれる効果があり、疲労回復にも効果的なのです。壁全体が無垢の木で作られたログハウスは、毎日の生活の中で森林浴をするのと同様の効果が期待できます。フィトンチッドには自律神経を安定させる効果があるほか、消臭や抗菌の作用があることでも有名です。

リラックス効果

鉄やコンクリートといった硬い無機質の建物は、知らず知らずのうちに圧迫感や疲労感を住む人に与えています。マンションなどに住んでいて、ストレスがなかなか解消されない理由は、床や壁の硬さのせいでもあります。そこで最近は、マンションの内装にできるだけ自然の木材を取り入れるようになってきました。木はやわらかくリラックスでき、疲れません。床にしても、木には、適度な弾力性があるため、歩いていても疲れがたまることがないのです。また、転んでもケガをしにくいのも利点のひとつ。適度な弾力性と適度な硬さという点で、木はとても優れているのです。

目・耳に優しい木材

木は、眼にも耳にも優しい豊潤性に富む建材です。強い紫外線は眼を傷つける大敵ですが、木は、この見えない紫外線を吸収してくれます。また木は、まぶしい光を乱反射によってやわらげる効果もあります。木をじっと見ているだけで不思議と気持ちが落ち着き、しかも眼は疲れません。そして木肌の感触は限りなく快適と言えます。コンピューター、ワープロなどを多用するオフィスでは、内装材として木がどんどん取り入れられ始めました。ところで私たちは、掃除機や換気扇といったさまざまな生活騒音とともに暮らしていますよね。木は、これらの不快音を適当に吸収し、「残響時間を短く」してくれる効果もあります。世界で有名なニュージャージーのレコーディングスタジオは、釘を使わずに建てたログハウスで、森の中にあります。木は遮音性に優れているだけではなく、音響効果も抜群なのです。オーディオルームを木に作り変えたとたんに、今までのオーディオシステムと同じだとは信じられない程、良い音になることは決して不思議なことではありません。この様に、家庭においてもオフィスにおいても、木は眼や耳の疲れを解消し、また、お子様の情操教育の面でも優れた効果が期待できるのです。

Copyright (C) 2008 LOG HOUSE All rights reserved.