ログハウスのお役立ちサイト

ログハウスの種類

ログハウスと言われて創造するのは、丸太で積み上げたログハウスをイメージするのではないでしょうか。しかし、実際にはいろいろなタイプのログハウスがあり、また加工法も存在します。ここでは、ログハウスの種類をご紹介したいと思います。
中には賃貸アパート、マンションのような賃貸のログハウスもあります。

カナディアンタイプ

「カナディアンタイプ」とは、丸太を横に積み上げて壁をつくる、もっともオーソドックスなログハウス言えます。全面が丸太で囲まれるため、極めて保湿性と保温性に優れているのです。日本では防火法の関係で市街地に建てることができませんが、別荘やレストラン需要として根強い人気があります。横積みの丸太が壁となり建物を支えるため、「最強の耐震性」を誇っています。新潟大震災でも、カナディアンタイプのログハウスは、なんと一軒も倒壊しなかったそうですよ。


ウエスタンタイプ

日本にログハウスが登場して以来、根強い人気を誇っているのがウエスタンログです。その魅力は室内側の壁をフラットにし居住性を高めながらも外壁は丸太の風合いを味わえる、D型カットログを使用しているとことにあるでしょう。大らかさを残しつつも、落ち着きのある雰囲気を醸し出し、アーリーアメリカン調のインテリアなどともとてもよくマッチします。室内側の平面な壁はスペース効率の向上をもたらし、家具や調度類の収まりも抜群。木の家の本来の雰囲気を損なうことなく、暮らしの中の機能性を追求した、ちょっと欲張りなログハウスが、この「ウエスタンログ」です。週末の別荘としてはもちろん、市街地での住宅としても、十分すぎるほどのポテンシャルを発揮してくれること間違いなしです

フィンランドタイプ

町並みに映える洗練された外観が大きな人気を呼び、住宅街で急増しているのがフィンランドログです。シャープで清楚な雰囲気に、優れた機能性を兼ね備え、誰にでも受け入れられるのがこのタイプの大きな魅力と言えます。フラットな壁面によって、住空間は優れた居住性を発揮し、開放感のある快適な暮らしを演出してくれるでしょう。生活拠点としての機能性と洗練さを兼ね備えたログハウスが「フィンランドログ」です。

P&B(ポスト&ビーム)

「P&B(ポスト&ビーム)」は、丸太の柱(ポスト)と梁(ビーム)によって基本的な構造をつくり出す新しいタイプのログハウスと言えます。新しいタイプといっても、その軸組み構造は、まさに日本古来の伝統構法そのものでしょう。丸太を横に積み上げて壁をつくる丸太組工法のログハウスと異なり、縦、横、斜めに組み合わされたむき出しの丸太は、力強さと柔らかさを表現し、漆喰や珪藻土などの自然素材をふんだんに使った壁は、丸太との絶妙なコントラストを演出しています。骨組みの構造は、一般的な木造建築(在来工法)と同様ですが、一方で完成時のスタイルはまったく異なる性質をもっています。P&Bの最大の魅力は、なんと言っても丸太の構造美にあると思います。柱、梁、斜めの筋交いに使われているむき出しの丸太が、多くのファンの心を捉えて離さないでしょう。それにP&Bは、防火法の制限を受けません。そのため柱の配置次第でどんな形の家でもつくることができるため、個性ある住宅として、今、大変注目されているのです。

  • P&Bの特徴
  • 防火法などの規制に対応でき、市街地でも建築可能。
  • 外観や内部レイアウトのデザイン自由度が高い。
  • 窓や開口部を大きく取れ、開放感や採光性に優れている。
  • 太いログと白壁のコントラストが外観をひときわ引き立てる。
  • 室内を木で囲むから断熱性・蓄熱性に優れている。
  • 木の湿度調整作用により結露が起こらない。
  • 手入れを怠らなければ軽く100年もつ耐久性を持っている。
  • 柱が丸太だから通常の木造よりも高い耐震性を持っている。
  • 材料が天然素材だから身体に害がない。
  • 家に居ながら森にいるような空気が味わえる。
Copyright (C) 2008 LOG HOUSE All rights reserved.