ログハウスのお役立ちサイト

ログハウスの塗料

ログハウスに魅了された方は、自分でログハウスを建てて見たいと思うものです。その中でも、最近ログハウスに使用する塗料にこだわる方が増えてきました。こだわりを持っているだけに、人それぞれに塗料を選ぶ角度が違うところが特徴的と言えます。ある方は耐久性や防虫等の木材保護を主に求め、健康志向の方は有害な物質を含まない自然塗料を使いたい。又は色調だけにこだわる方もいらっしゃいます。そこで、ここではログハウスに塗装する塗料をいくつかご紹介したいと思います。

シッケンズ

ログハウス業界では昔から結構人気があるシッケンズ。通気性がある塗膜系塗料で、シッケンズは塗膜系塗料、浸透系塗料の良いところのみを集めた塗料と言えるでしょう。木目が引き立つような塗膜の透明度ですので木の美しさは損なわれず、高級感のあるツヤっとした仕上がりが抜群です。キシラデコールなどの浸透系塗料ではこの感じは出せませんが、逆に触ったときに塗膜の感触が冷たく感じるかもしれませんね。浸透系の塗料と同じく、重ね塗りが可能な塗料です。

 

キシラデコール

浸透性タイプの代表的な塗料と言えます。ログハウス業界でキシラデコールは、木部塗料としてもっとも普及しているのではないでしょうか。木材の内部から防腐・防カビ・防虫効果を発揮し、木目を生かした自然で素朴な仕上がりで、塗りやすく、作業性も良い木材保護着色塗料です。施工していてニオイが少し気になりますが、塗って数日間でニオイは消えます。しかし、防腐、防虫、防カビ等の面では健康塗料と比べるとしっかりと仕事をこなしてくれる塗料でしょう。雨が心配な外壁だけはこれを使い、内部は健康塗料を使う方法などおススメですよ。

オスモカラー

オスモカラーは防腐・防虫剤を一切含まず、人体・動植物にも安全な塗料です。赤ちゃんが口に入れても大丈夫なように、木のオモチャにもよく塗装されているのがこれです。健康や自然に気遣った木工家の間でも、非常に人気のある塗料のひとつです。施工性はもちろん良く、快適に塗装することができます。ログハウスの内部には最近は良く使われており、おススメの塗料です。

ノンロット

浸透タイプの塗料。塗りやすく、塗りムラもなく乾きが早いので非常に塗装しやすい塗料のひとつです。季節にもよりますが、2〜6時間後には上塗りが可能です。防虫防腐系の浸透塗料にしては、健康面に少しは気を配られており、施工後のニオイなどもほとんど気にならないのがグッドです。健康塗料とまでは呼べませんが、ノンロットは他の塗料と比べ単価が安いので、予算的に節約しながら健康にも気を遣った塗料をお探しの方におススメです。


柿渋

日本に古くからある、渋柿からとれる天然塗料です。昔は、庶民的な塗料として漆の下地や漆の代用品として利用されていたそうです。漢方薬としても使われていますが、飲み過ぎると体質により便秘する場合があるそうです。これも無害な塗料なのですが、他の塗料と比べ水にはあまり強くないと言えます。雨が極端にかかるような外壁には向ないかもしれません。また、独特のニオイがあるのも特徴的な塗料です。

蜜蝋ワックス

手触りがよく、自然な仕上がりがとても良い感じのワックスです。健康的なのはもちろん、何といっても素人がだれでも気軽に塗ることが可能です。乾燥ぎみの床や壁の木部にスッと塗ってあげるとすぐに潤いが取り戻せます。また、木の濡れ色が良い感じ。特に住みはじめてからのメンテナンスの役に立つと思いますので自分でメンテナンスをしたいログハウスオーナーさんにお薦めの一品です。ワックスは塗料ではありませんので、ワックスを再度塗る時は古いワックスを洗剤等で拭き取ってから行うようにしてください。特に汚れた床の上からワックスをかけると蜜蝋ワックスと汚れが交じり合ってしまい、よけいに汚れた床になる可能性があります。

Favorite

最終更新日:2016/10/11

Copyright (C) 2008 LOG HOUSE All rights reserved.